2006/11/25

グローバル ジオコーダー 裏ワザ

GoogleMaps APIについているジオコーダーはアメリカの住所は緯度経度が取得できますが、日本の住所はできません。(一時期できるようになっていましたが、、、)

ところが裏ワザ発見。GoogleMaps APIとはどうも別グループが作っているらしい Google Search API には「ローカルサーチ」という機能がついています。
で、GoogleMapsAPIと、GoogleSearchAPIのキーをそれぞれ取得して、これを連携させると、
「(住所を入力して)ローカルサーチをした結果」の「位置情報」を取得して、GoogleMapsに渡す、ということができます。これは、本件Google検索の結果と同じなので、結果的には本家GoogleMapsのジオコーダーと同じで、グローバルジオコーダーのできあがり!

裏ワザと言っても本家Googleでサンプルが公開されているのだから、別に裏じゃないですよね。でもこのサンプル、MapsのチームじゃなくてSearchAPIのチームからの情報っぽいです。
http://www.google.com/uds/samples/places.html

で、これをこのままコピペして、取得したキーに差し替えるとちゃんと動きます。

http://www.locapoint.com/searchtest.html


早速、ロカポのサイトに組み込もう!

でも、この情報が広まって、この手が使えなくなったらこまるなあ・・・・

0 件のコメント: